記事一覧

連続講座「東北アジアの平和をつくる」~21世紀の中国は何を考えているのか?

「市民デモHYOGO」参加団体のKOBEピースiネットからのお知らせです。
**************************
連続講座「東北アジアの平和をつくる」
~第四回~21世紀の中国は何を考えているのか?
**************************
■期間■ 2017年3月26日(日)13:30~16:30
■場所■ こうべまちづくり会館ホールにて
■参加費■ 1000円 学生・避難者無料
■主催■ KOBEピースiネット
■呼びかけ文■
安倍政権の軍備増強路線の強力なツールの一つが中国・朝鮮脅威論です。
沖縄現地行動のおりにも、集会司会者の方から中国・朝鮮を引き合いにして基地反対の世論を切り崩そうとする宣伝がひどくなっていると聞きました。
事実関係としても平和構築の現実的な道筋としても、私たち自身の認識をしっかりさせていくことがとっても大事だと思います。
連続講座「東北アジアの平和をつくる」前半は「朝鮮脅威論に答える!」3回の講座を開きました。
後半第四~六回講座は「中国脅威論に答える」シリーズです。
講師は3回とも中国問題専門家の矢吹晋さんです。
矢吹さんには横浜から来ていただきます。
貴重な機会ですので関心がおありの方はどうぞ上の日程をお忘れなく!!いろいろなイベントを主催されるかた、可能ならご協力をお願いしたします。
なお、第五回は、5月28日(日)13:30~16:30(場所未定)を予定しています。
■講師プロフィール■
1938生まれ 東京大学経済学部卒 専門は中国経済論、
現代中国論 「21世紀中国総研」主宰 「南シナ海領土紛争と日本」
「尖閣衝突は沖縄返還に始まる」(いずれも花伝社)など著作多

20170326_ピースiネット学習会全体

20170326_ピースiネット学習会

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント