記事一覧

共謀罪はいらない!5.20兵庫県集会

***************************
共謀罪はいらない!5.20兵庫県集会
***************************
LINEでスタンプを押したら「同意」とみなされる!
「相談だけで犯罪」になる共謀罪の制定に反対しよう
■日時■
日時 5月20日(土)14:00~17:00
■場所■
神戸市勤労会館403&404 (三宮駅東南徒歩5分)
■内容■
DVD「横浜事件を生きて」(1990年ビデオプレス製作、58分)上映
講演「ほんとうに怖い共謀罪」講師 弘川欣絵さん(弁護士)
質疑とアピール
集会後、デモ行進があります。
■参加費■
500円(学生・避難者無料)
■主催■
こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGO
■問合せ先■
高橋秀典 090-3652-8652 saltshop@kobe.zaq.jp
■講師プロフィール■
大阪弁護会士所属。2016年夏、安保法制の国会審議をきっかけに「明日の自由を守る若手弁護士の会」に加入。安保関連法に反対するママの会のメンバーとしても活動を始める。野党共闘を目指す市民団体「ミナセン尼崎」「連帯兵庫みなせん」の立ち上げに関わる。
■呼びかけ文■
東京五輪のためのテロ対策はウソ
 3月21日、安倍政権は「相談だけで犯罪」になり、「究極の監視社会を生む」共謀罪(組織犯罪処罰法)の「改正」案を閣議決定しました。「東京五輪のためのテロ対策に必要」というのはウソで、窃盗(万引き)・器物損壊(落書き)などを含む277もの犯罪が対象です。戦前には政治活動の自由を奪う治安維持法という法律がありましたが、今回の法案は落書き(「アベ政治に反対」など)や万引きなどでも、事前の相談段階で逮捕できる、治安維持法以上の悪法です。
●一般市民も対象~あなたのメール・ラインも盗聴され、逮捕の証拠に
 警察がある日「通常の団体が組織的犯罪集団に一変した」と認定すれば、市民団体も対象になります。この「一変」を決定するのは警察・検察・裁判所しかありません。この法律ができれば、すべての団体・個人が日常的に警察の監視下に置かれることになります。先日、GPSを使った捜査が「令状を取らないと違法」という最高裁判決が出ました。今でも警察がGPSをつけて車両の移動を監視していた事実が明らかになりました。盗聴法は既に存在し、「防犯カメラ」という名の監視カメラがあらゆるところにあり、その上に共謀罪ができれば個人のプライバシーはなくなります。個人や団体が委縮し、体制批判などの自由な言論も抑えこまれてしまいます。
●3回も廃案の共謀罪~市民の声で今度も阻止しよう
 これまでこの共謀罪は、大きな批判を受けて3回とも廃案になりましたが、安倍首相は、6月18日までの国会で成立させようとしています。しかし法案の内容が徐々にわかる中で、反対の声も増えています。市民が声を上げれば共謀罪は阻止できます。言論の自由・内心の自由を奪う共謀罪に反対の声をあげましょう。

20170520_共謀罪_横浜事件を生きて

20170520_共謀罪_横浜事件を生きて2

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント