記事一覧

憲法集会とデモin神戸 2017年5月3日

参加団体より、明日のよびかけがあります。
↓↓
***************************
5,3憲法記念日です。
神戸芸術文化センター(新神戸駅南)である憲法集会にマルイ前から「安倍政治を許さない」などを掲げて
会場まで行きます。是非参加してください。
■日時■5月3日(水・休)12:30~13:00
■場所■ 三宮マルイ前
■呼びかけ文■
さて、安倍の暴虐が止まりません。
これをやめさせなければ、私たちの未来はないという思いです。
 米艦船補給艦の防護に意気盛んに出てきました。
先に強行成立させた「戦争法」にもとづいた新任務だといいます。
南スーダンへの自衛隊派遣を、新任務を付与して行いましたが、余りにも杜撰だったために撤収ということにしましたが、「戦争法」を有効活用するために、ここで米軍艦船防護をもって新任務を実践するという方途を取ってきました。
「戦争法」にもとづく新任務付与した実践化を許してはなりません。
アメリカ=トランプ大統領は危険と警戒してきましたが、アメリカは世界制覇が不可能になったことで、取戻し作戦として、強いアメリカ=トランプを生み出しましたが、それは実力が無くなったアメリカの空威張りにすぎないものです。
そのことは危険なシリア空爆に打って出たり、この度の北朝鮮に対して、空母カールビンソンを差し向けるという挙に出てきていることに表れています。
安倍政権はこの挙に賛意を示し、「戦争法」にもとづく新任務、駆けつけ警護や武器使用の拡大、共同防護を米艦防護で実践しようというのです。
 アメリカ=トランプの手法は、まさに、おっとり刀、空威張りの戦争政策なのですが、それに乗っかって賛同参加する日本政府安倍政権の誤作ぶりは許せません。
かならず国民を誤った道に強制誘導することになります。
安部政権の進み方が危険なのは、この道が破たんにつながるのに破綻にならないように繕う手法で、ますます国民を危険な道に強制誘導するところにあります。
 安倍政権は自らの閣僚たちの、許せない数々の失態、森友学園問題―汚職事件での安倍首相のかかわりの否定―、
沖縄米軍基地建設強行、あきらめない原発政策など内政的にがたがたなのにロシアとの首脳会談をしたりという外交・外遊で安倍政権がうまくやろうとしていると人々に思わせて、支持率を取るという手法に騙されてはなりません。
 共謀罪が出てきていますが、この成立の狙いは、安倍政権が、実は、がたがたになって来たので、
アベ政治に反対する勢力を抑えるために、共謀罪で取り締まるというのが狙いです。 
従って共謀罪を成立させない取り組み闘いは、平和・人権が大切、民主主義社会を願う私たちにとっては
重要なことだと改めて気づきます。
一日も早く安倍政治を終わらせなければならないゆえんです。
 北朝鮮に対して力の政策で対応するのは、これまで失敗を重ねてきたやり方で、歴史に学んだ私たちは太陽政策で北朝鮮に当たるのがいいということです。
韓国大統領選挙を控えて、文候補が太陽政策で北朝鮮に当たると訴えています。これが道です。
しかし、アメリカと日本の対北朝鮮政策とは、どうしても対立してしまいます。
太陽政策をする方向をアメリカや安倍政権に要求することが必要です。

s-5・3憲法集会(表)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント