記事一覧

北東アジアの平和をつくる「歴史問題と日中関係」7月30日

………………………
連続講座 北東アジアの平和をつくる
~中国・朝鮮 脅威論に答える!~
(第四~六回 講師:矢吹晋氏)
第六回 「歴史問題と日中関係」
………………………

◼️日時◼️
7月30日(日)
13:30~16:30(開場 13:00)

◼️場所◼️
神戸学生青年センターホール
(JR六甲道から10分、阪急六甲から3分)

◼️呼びかけ文◼️
対外好感度に関する国際的世論調査の結果では、中国の人が最も信用できないのは日本人、日本人が最も嫌いなのは中国人、だそうです。困ったことです。
関係の深い隣国同士である中国と日本の互いへの感情がそんなに悪化しているとは。中国脅威論を言い立てて日本の軍備増強を求める主張も聞こえてきます。

平和を願う市民としてこの事態にどう対応すればよいのでしょうか。どこかもつれているようですが、どこからほぐせばいいのでしょうか。

講師の矢吹晋さんは、中国を何度も訪問され、豊かな専門知識もお持ちです。
もつれた糸をほぐして、平らな心で付き合えるようにするために、知っておくべきことを講演から、また質疑応答から学んでいきましょう。

昨年9月からこの「東北アジアに平和を つくる」連続学習会(中国・朝鮮脅威論に答える!)に取り組んできましたが、いよいよ次回の第六回が最終回となります。

前半3回は朝鮮脅威論を扱い、後半3回は中国脅威論を扱ってきました。最終回は全6回のまとめでもあります。
市民が進める平和への取組みに役立つ、より確かな認識と展望を共有しましょう。
(第六回講座の細目は裏面に)

連続講座第六回(最終回)のポイント
連続講座第六回では歴史認識にかかわる日本政府の公式見解の変遷、閣僚らの「失言」などをとりあげ、そのような発言が中国からはどう見えているのか、客観的に(あるいは相手の立場に立って)考えます。

東北アジアの平和への歩みは、前の戦争の認識が地域一帯の諸国間で共有されないと進めることができません。相手 だのみではなく、私たちが平和構築の道を拓いていくという意思をもって、両国の認識のずれを埋める努力をする必要があります。

前回の矢吹さんのお話しでも指摘されたように、経済的には両者が利益を得られるようにと、双方の努力が続いた時期もありました。そのときでも、水面下には歴史認識問題が横たわっていたのです。

年表にあるように、歴史認識のずれのうち最大のものは
「日本の戦時中の行為は侵略だったのかどうか」
「靖国参拝は戦争賛美・軍国主義への回帰なのかどうか」
を巡って発生しているように思われます。

また極端な意見とはいえ、日本側では、南京大虐殺はなかったとする主張も表面化するようになっています。

連続講座第六回では矢吹さんにこれらを含め、日中で認識がず れている/対立している点、それは現在と将来の日中関係にどう影響
してくるか、についてお話しいただきます。

★質疑応答の時間もたっぷりあります。
常日頃の疑問を解消する機会としてご活用ください。

◼️参加費◼️
1000円 学生・避難者 無料

◼️矢吹 晋さん プロフィール◼️
1938年福島県生まれ。東京大学経済学部卒、中国経済論、現代中国論専攻。東洋経済新報社、アジア経済研究所をへて、2004年3月まで横浜市立大学教授、現在は同名誉教授。「21世紀中国総研」主宰。

◼️主な著書◼️
『南シナ海領土紛争と日本』
『尖閣衝突は沖縄返還に始まる』
『習近平の夢―米中対決か米中提携か』(2017年6月25日発刊)

◼️主催◼️
KOBEピースiネット
問合せ:090-6377-2707
http://peace2014.blog.fc2.com/blog-entry-113.html
https://www.facebook.com/events/877988102352989/?fref=ts


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント