記事一覧

2018年6月27日_朝鮮学校高校「無償化」裁判と国際人権

メーリングに流れてきた情報です。
↓↓
*****************
朝鮮学校高校「無償化」裁判と国際人権
*****************
■日時■
2018年6月27日(水)18:30~20:30
(18:00受付開始)
■場所■
大阪弁護士会館1205号室
■参加費■
500円(資料代含む)
69期・70期・71期は無料
■お申し込み・お問い合わせ■
参加を希望される方は、お名前、ご所属を明記の上、
6月22日(金)まで下記メール宛にお申し込み下さい。
(申し込み期限切れていますが大丈夫だそうです)
hrn-kansai@hrn.or.jp
(ヒューマンライツ・ナウ関西グループ)
■プログラム■
1HRNのプロジェクト活動の紹介
2朝鮮学校高校「無償化」裁判と国際人権
 ・朝鮮学校無償化裁判の概要についての報告
 ・朝鮮学校の歴史についての報告
 ・民族教育、アイデンティティ教育についての国連の考え方
 ・日本における民族教育、アイデンティティ教育の現状
3質疑応答
■主催■
国際人権NGO ヒューマンライツ・ナウ(HRN)
■呼びかけ文■
みなさんは、朝鮮学校高校「無償化」問題についてご存知でしょうか。
2010年、日本政府が留保を続けていた社会権規約13条「無償教育の漸進的導入」につき、ついに留保を撤回し、「高校無償化制度」が始まりました。
「全ての意志ある高校生が安心して勉学に打ち込める社会をつくるため、
高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図る」(文部科学省HP)という素晴らしい制度の始まりでした。
この制度は、外国籍の高校生たちも当然対象となっていたのです。
しかし、現在、朝鮮学校に通う高校生たちはその対象から除外されてしまっています。
ヒューマンライツ・ナウは、2010年3月に、「高校授業料無償化政策からの朝鮮学校除外に反対する緊急の要請書」において、日本政府に対し、朝鮮学校のみを除外する措置は、憲法および日本が批准している人権条約上の義務に明確に違反する重大な差別であるため、朝鮮学校を除外することなく、差別なき平等な無償化政策を実施するよう強く要請しました。
各地で訴訟が進み、一審判決も出揃う中、改めて、朝鮮学校高校「無償化」問題について、そして国際人権の観点から、民族教育を受ける権利・アイデンティティ教育を受ける権利について、共に考えてみませんか。
20180628_高校無償化
20180628_高校無償化2



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

市民デモHYOGO

Author:市民デモHYOGO
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンターオンライン

現在の閲覧者数:

FC2カウンター通常